本当に美しい衣装を、金沢の花嫁へ。

ブライダルステージ 花みやび

和婚のしきたり

金沢の婚礼文化には、伝統の粋とも言える風習があります。
それは人と人、家と家をつなぐ独自の風習です。
その意味を正しく知り、挙式に取り入れることで
晴れの日の感動はより印象的なものとなるでしょう。

参進の儀

神前結婚式の儀式のひとつで、雅楽の調べのなか、巫女や神職に続いて親族ご一同が列をなして神殿まで進む古式ゆかしい儀式です。人々に見守られながら粛々と一歩ずつゆっくりと進むことで気持ちも徐々に引き締まります。

合わせ水

花嫁が花婿の家に着いたとき、竹筒に入れてきた生家の水と婚家の水を「カラワケ」といいう器に注ぎ一口飲んだ後、仲人夫人がその器を地面に打ち付けて割る儀式のことを「合わせ水」と言います。ひとつに注いだ水を分けることができないように、花嫁が結婚後の生活に馴染み、良家の幸せを願うあたたかな想いが込められています。

花嫁のれん

花車やおし鳥などのおめでたい柄に実家の家紋を染め抜いた友禅のれんを婚礼の一週間ほど前から花婿家の座敷入口にかけ、結婚式の当日に新郎側のお手引きの子供に手を引かれた花嫁がのれんをくぐります。その後、お仏壇にお参りします。

仏壇参り

北陸一円で今でも広く受け継がれているしきたりです。合わせ水の儀の後、白無垢の衣装を纏った花嫁が花婿の家の仏壇と神棚にお参りして、相手の先祖に礼拝をなし、家族の一員となる心持ちを表します。

祝い菓子…五色生菓子

二代目藩主利長の時代に考案された祝い菓子で、「日月山海里」とも呼ばれます。「日」はこしあんが入った丸餅の上部に赤い米粉を付けたもの、「月」は白い皮の饅頭、「里」のイガラはこしあんを餅でくるみ、黄色く蒸した餅米をまぶしたもの、「海」は波のように並べた菱形のあん入り餅、「山」は円形の蒸しようかんで水田を表しているとされています。