本当に美しい衣装を、金沢の花嫁へ。

ブライダルステージ 花みやび

婚礼の着物

婚礼に用いられる和装にもさまざまな種類があります。
花みやびでは、花嫁となるお客様のご希望はもちろん、
シーンに合わせた着物の選び方や着方までサポートしています。

白無垢しろむく

室町時代の武家にその始まりを見る、婚礼衣装の元祖です。白は神聖さや清浄を表し、また何ものにも染まっていない、これから婚家の色に染まっていくという意味を含み、昭和40年代から一般に普及して以来、婚礼衣装の王道となっています。すべてを白で統一するスタイルのほか、吉事を表す金や赤色を差すものなどがあります。胸に差す懐剣は護身用、筥迫は化粧箱、手に持つ末広は忠誠を誓い害を与えませんというしるしです。

色打掛いろうちかけ

江戸時代、財力を得た富裕町人が武家に憧れて御殿風の色打掛を用いたのが始まりと言われます。染織技術の発達が著しい時代に興ったため工夫の凝らされた贅沢な作りで、金襴、緞子などの織地が用いられました。豪華さ、華やかさにおいては衣装の中で頂点とも言え、お色直しに用いられることが多い着物です。また自宅から式場への移動の際の道中着としても用いられ、見栄の象徴ともされました。

引振袖ひきふりそで

明治から昭和にかけて、庶民は日常着の中で最高の晴れ着を用いることが主流で、その代表格が黒地の振袖でした。重ね着風の比翼字がついており、たくし上げずにお引きの形で着装するほか、からげて着ることもあります。黒はもとより赤や白のほかさまざまな色のものがあり、またスマートな着姿や動きやすさで食事もしやすいことから、お色直しや会食でも人気です。日本髪に角隠しをするのが基本ですが、最近は洋髪のコーディネートも多く、スタイルの幅が広い衣装です。

留袖/振袖とめそで/ふりそで

近代から昭和、庶民の中でも裕福な家は婚礼衣装には振袖を用いましたが、そうでない家は両棲模様の黒字の五つ紋付の留袖を着用しました。元来留袖とは、男女ともに元服(成人)すると「振り」のある袖を切って見頃に縫い「留め」たことに端を発するもので、袖の長いものを「振袖」、短いものを「留袖」と呼ぶようになりました。現在では、留袖は名称だけが残り、紋付裾模様の着物を指すようになり、既婚女性の第一礼装となっています。