トリマー・訓練士としてペットサロンを営むおふたり。丸一日お店を空けることは難しく、ご結婚にあたっては入籍のみで挙式や披露宴はしない予定でしたが、周囲から「挙式だけでもしたほうがいい」と勧められ、花みやびにご相談にいらっしゃいました。

実は新婦様のご実家は石浦神社のそば。それならばと「石浦神社で挙式した後、いったんお店に寄り、そこからほど近い場所で食事会をなさっては」というスケジュールをご提案したところ、「そんな柔軟にできるなら」と、具体的な準備が始まりました。

当日は新婦様のご実家でお仕度をし、おふたり揃って仏壇にお参りしました。 「亡くなったお父さんに白無垢姿を見せられて良かった」と新婦様のお母様が一番喜んでいらっしゃいました。






新婦様が幼い頃から親しんできた産土神社で、今日は夫婦として新たな出発を誓います。神社婚は、大切にしたい人生儀礼のひとつです。
*産土神社とは、自分の生まれた土地に宿る産土(うぶすな)の大神(おおかみ)さまとお会いできる神社のことを指します。



お食事会では、新婦様はご実家でお母様があつらえた訪問着にお色直ししました。
お座敷には金屏風が立てられ、洋装の前撮り写真があちこちに飾られていました。ワンちゃんも交えたカットもあり、会話が弾む楽しいひとときとなりました。





花みやびでは、おふたりのご都合に合わせた柔軟なタイムスケジュールで、ご出席の皆さまに喜んでいただける結婚式をご提案いたします。