おふたりは、6カ月のお子様を連れて花みやびにご相談にいらっしゃいました。
両家の家族だけでシンプルに挙式したいというご要望をお聞きしましたが「赤ちゃんがいらっしゃるのでしたら、ご両親もご親戚にお披露目したいでしょうし、また別のご希望が出てくるかもしれませんよ」とアドバイスさせていただきました。実際その通りになり、式の列席者も増え、披露宴も盛大に行う、という方向で準備が進みました。



当日は花みやびの支度部屋にてお支度をしていただき、宇多須神社にて式を挙げました。






白無垢から色打掛へとお色直しをした後、ひがし茶屋町を花嫁道中で歩きます。紋付袴風の子ども服でよちよちと歩くお子様を、皆様が目を細めて見守っていらしゃいました。





式の後は、金沢市内のゲストハウスに移動し、披露宴と2次会を行いました。多くのご親戚、ご友人が集まり、おふたりの門出を祝うとともに、新しい家族の誕生を祝う、幸せに包まれた一日となりました。  






新郎様からは「花みやびさんから事前にアドバイスがあったから、両親の気持ちをありがたく受け入れることができた」「子どもをお披露目することができて良かった」と言っていただけました。


新郎新婦様の思いと、ご家族の思いをつなぎ、皆様に「良い式だった」と喜んでいただける婚礼をプロデュースすることが、花みやびの役割です。おふたりに寄り添って、柔軟な結婚式をお手伝いします。