本当に美しい衣装を、金沢の花嫁へ。

ブライダルステージ 花みやび

和装スタッフブログ


小柄な花嫁さんは和装を工夫して選ぶ必要があります。着物はフリーサイズです。着丈、身丈、袖丈など規定のサイズが決まっていますが、小柄な花嫁さんが上手に和装を選び、着こなすための4つのポイントを紹介します。

着物の種類は白無垢や色打掛を選ぶ

小柄な方には白無垢や色打掛をおすすめします。シルエットが曖昧なため、小柄な身長であることが分かりにくいです。引振袖を選ばれた場合は帯を締めるため、全身のシルエットが強調されてしまいます。裾の柄も本来なら全て綺麗に見えるはずが帯で隠れてしまいますので、小柄であることがすぐに分ってしまいます。


白無垢

白無垢


色打掛

色打掛


着物の柄は小模様を選ぶ


選ぶ柄に関しては、小柄な花嫁様には小模様がおすすめです。大きな柄を着てしまうと小柄な身長が強調されることはもちろん、着物の柄自体も綺麗に見えてくれません。

また、小模様でも「地空(じあき)」といって無地場が多い柄の配置の方がすっきりと見え、愛らしさ・可愛らしさがより強調されます。



髪型のポイント


洋髪の場合、トップに高さのある髪型をおすすめします。また、髪飾りも高めの位置に付けましょう。襟足の方にボリュームを持たせた髪型はとても身長が小さく見えてしまうのでおすすめ致しません。おかつらもトップに高さがあって身長を高くみせるのでお勧めです。さらに綿帽子は高さが出て花嫁らしい美しいシルエットを演出してくれます。


おかつらもトップに高さがあって身長を高くみせるのでお勧めです。

洋髪の場合、トップに高さのある髪型をおすすめします。

会場選びのポイント


できれば、お草履を脱がなくてもいい会場を選びましょう。小柄な方は少し高めのお草履を履かれた方が、バランスがよくなります。ホテルウェディングやハウスウェディングであれば、必ずお草履は履いたままなのでおすすめです。

料亭や神社でのお式をされる方でも、インソールタイプの「次足袋」を使うと草履がなくても身長が高くなるのでおすすめです。



インソールタイプの「次足袋」


インソールタイプの「次足袋」

インソールタイプの「次足袋」

インソールタイプの「次足袋」

【事例紹介】身長148cmの新婦さん



上記のルールで衣装選びをしました。とてもバランスがいいですね。

花みやびでは、和装や和婚に関する相談会を開催しています。お気軽にご相談ください。

金沢和婚なんでも相談会

こだわりの和婚をトータルサポート「金沢和婚なんでも相談会」開催中!

詳しくはこちら