本当に美しい衣装を、金沢の花嫁へ。

ブライダルステージ 花みやび

和装スタッフブログ


色打掛を着たいけれど、神前式の衣裳は白無垢しか着ることができないと思ってあきらめていませんか?色打掛も白無垢とおなじ正式な婚礼衣裳なので、神前式に着ても大丈夫なのです。和装専門スタッフの五宝が神前式の衣装に関するよくあるご質問についてお答えします。

Q. 白無垢の方が色打掛より格上ではないの?

いいえ、同格です。

現在の婚礼衣装のルーツは室町時代へ遡ると言われます。元々は武家の女性の着物で、色打掛けは秋~春にかけての正装、白無垢は婚礼衣装でした。武家の正装であった色打掛ですが、色合いや造りが豪華なことからしだいに富を持った商人にもひろがり、商家の中でも裕福な町家の娘たちの婚礼衣装となっていきました。そのため、どちらも正式で同格な婚礼衣裳ということになります。

Q. 実際に色打掛で神前挙式された方はいますか?

はい、いらっしゃいます。

実際は、神前式には白無垢を選ばれる花嫁様のほうが多いです。ただ、華やかさやを求める方には色打掛での挙式もお勧めします。神殿の中は、特別な照明はなく少し暗いので、色打掛だととても華やかになりますね。また、お色直しで白ドレスを着る場合も、白無垢から白ドレスですと色の変化もありませんよね。ですから、ゲストの方に目で楽しんで頂くためにも華やかな色打掛を着て堂々と挙式に臨んでみてはいかがでしょうか。何よりご自分のお好きな色を着ることが出来るので、衣装選びも楽しめますね。

Q. 挙式には絶対におかつらをかぶらないといけないの?

いいえ、必ずかぶらなければいけないという事はありません。

色打掛けの場合の髪型は、おかつらに角隠しが定番でしたが、最近は洋髪の方も増えています。洋髪に付ける髪飾りは、水引やつまみ細工のかんざし、生花などお好きな物をつけてアレンジを楽しんではいかがですか。花みやびでは、素敵な和装用髪飾りもたくさんご用意しております。

【事例紹介】実際に色打掛に洋髪スタイルで神社式をされたお客様をご紹介いたします。


色打掛に洋髪スタイルで神社式をされたN様の写真

金沢の大野湊神社で挙式されましたN様です。


色打掛の画像

色打掛の画像

色打掛の画像

ご自宅でお仕度して神社に行かれたので、友禅の華やかな色打掛で愛らしい花嫁姿をご近所の方にも見ていただけて、とても好評でした。新婦様のヘッドの生花は新婦様のお姉さまが作られました。半襟は華やかに梅と桜の金糸刺繍、箱セコ懐剣はおめでたい松竹梅の金糸刺繍で上品にコーディネートしました。

和婚のページではさらに多くの色打掛の写真や着物の文様に込められた意味、こだわりのコーディネートをご紹介しています。ぜひご覧ください。

花みやびでは、和装や和婚に関する相談会を開催しています。お気軽にご相談ください。

金沢和婚なんでも相談会

こだわりの和婚をトータルサポート「金沢和婚なんでも相談会」開催中!

詳しくはこちら